頭皮のための酵素シャンプーALORB(アローブ)正規取扱店

こんばんは。

最近,自分の美容師肩書を
『質感の魔術師』と言い切ったら
友達に鼻で笑われました!

悔しいので。

『丸太町で一番の質感の魔術師』
というのもアリかもしれません!

AKIRA
(そういうもんだいじゃなくて??)
さぁ。
今回はタマリスさんからの商材。
アローブというシリーズについて!

でっす。。。
    スポンサーリンク

ALORB ~アローブ~ ENタイプ

いや!
この場合は【Type EN】

と書いた方がかっこいい気が?

アローブは
「育むことから、髪一本一本の毛先まで、継続して美しくありたい」
と願う全ての女性のために生まれました。

美しく年齢を重ね、いくつになってもヘアスタイルを
楽しみ続けたいという生涯美髪を叶えます。

http://alorb.com/より

ALORBシリーズは
シャンプー・トリートメント
オーガニックでの成分が90%以上
での構成です。

一応言っておきますが!
僕は

AKIRA
オーガニック大好き野郎!


では無いので。

シャンプーとかになった時点で
多少のケミカルな部分も必要だと
感じるところもあります。

ダメージした髪には
対応として天然だけで賄えない部分
もあるとは思いますので,
そういった意味でそういうシャンプー
などの【作品】に対して向き合い
たいと思ってます。

もちろん否定もないので
天然由来成分に対しての
こだわりは必要であるとも
考えてはいます。

ただ結果として!
使ったあとの髪の状態や今後が
どう左右するかが一番大事では!
ないでしょうか?

っていう考えなので,
比較的置いてるものは
自分の考えにあったメーカーさん
のアイテムをチョイスしております。

髪年齢による悩み!

だいたい40代ぐらいから
髪年齢
・水分保持力
・タンパク質量
・etc

などなど。


髪の健康体に必要な構成してる物質
は下り坂です!!!

AKIRA
いや!
本当に!!!
下り坂になります!
しかもゆるやかでなくて!
斜度けっこうあります!!!
去年の自分と同じ髪の状態だと
思うと1年の経過で全然違います!
グラフにするとよくわかります!
特に
・抗酸化力 
(30代から低下)

・女性ホルモンの減少 
(40代から急激に激減)
ALORBは

・頭皮が固くなった
・まとまりつかない
・うねりツヤがない
・ボリュームの低下を感じる
・頭皮のにおいベタツキ。
などにアプローチしやすいです。
特にこのENシリーズは!

そう Type EN!デス!

酵素ケアライン アプローチするW成分

2種類の酵素
・超抗酸化物
スーパーオキシドジスムターゼ
いわゆる活性酸素を分解して
くれる酵素です。
活性酸素を無毒化する機能を
持つ酵素!
・カタラーゼ
過酸化水素を分解する酵素。
無害な酸素と水に変えてくれる
働きをもってます。
2種類のポリフェノール
・ポリフェノール(整肌成分)
赤ワインより抽出された物質
抗酸化の代表!

・大豆イソフラボン(弾力・潤い)
頭皮環境の維持に女性ホルモン
に似た働きをするといわれます。
が含まれてます。
シャンプー・トリートメントに
含まれるのが!

上記2種類の酵素。
セラム
AKIRA
赤いボトルの方!
頭皮用エッセンス!
は上記の
2種類の酵素と2種類のポリフェノール
が含まれてます!!!
そして!
AKIRA
気になるお値段は!???
シャンプー
3200円(税抜き)

トリートメント
3000円(税抜き)
セラム
3,500円(税抜き)
試されたい方は
miniSETあります!
SET 1700円(税抜き)
です♪
毎月の白髪染めカラーや!
頭皮環境の改善につとめられたい
方などにオススメです。
ダメージケアと合わせて
お風呂場に1SETあると役立ちます!

そして!
アローブALORBはタマリス社との
契約したサロンのみしか販売できない
シリーズです。
ネット流通も厳しく管理されている
サロン専売品となります。
いわゆるカウンセリング商品!
これの正規取扱店として
RePUREでは販売可能です。
是非
酵素シャンプー試してみませんか?
泡立ちも良好で普段使いには!
けっこういけてます!
ちなみにメンズの僕も普段
使いにけっこう使ってます!
頭皮のにおい気にするなら・・・。
オススメ。
ちなみに
どうでもいい情報ですが!
このブログ書いてるときに!
アマゾンプライムで
『幽遊白書』流してましたが
なかなか昭和のアニメといえど!
いま見ても面白い!!!!


A・RI・GA・TO・GO・ZA♪

I~~~~~♪
MA・SU♪
HairGardenRePURE
AKIRA

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事