過去の投票率と選挙権の歴史

商売やってる人は
よく政治と宗教のことはあまりしゃべるなとは
よく言われます。 

もちろん
お客様には様々な方もいらっしゃって
主義思想は皆様違うもので。

押し付けたり押し付けられたりしても
いやなものですからね。


個人的に
そういった中身を言いたいことはないですが

選挙の投票率は語っていいのでは?
ないかなーと思ってます。

データから
2000年の衆院選を振り返ってみて。

2017年 48回衆院選 53.68%(安倍首相)
2014年 47回衆院選 52.66%(安倍首相)
2012年 46回衆院選 59.32%(野田首相)
2009年 45回衆院選 69.28%(麻生首相)
2005年 44回衆院選 67.51%(小泉首相)
2003年 43回衆院選 59.86%(小泉首相)
2000年 42回衆院選 62.49%(森首相)


ですねー。

常に40%近く放棄してるのが
もったいないですよね。せっかくの権利を!

ちなみにtwitter・Yahooニュースでも
この女性が話題なってましたが
個人的には存じ上げておりません!

が・・・。
インセンティブのために選挙に行くこと
自体がどうかと?思います。

選挙権はまちがいなく拡充してきた
歴史があるのにわざわざ放棄するって
なかなかですね。

ちなみに上記明治時代の1円は給料で
考えると2万円相当らしいです。

学校の先生の初任給が8円ぐらいだった
そうです。

そして企業の物価指数で置き換えると
1円は1490円ぐらいだとか。

まぁそれぐらいの税金を納めてた
男子限定の時代から

1945年に女性も選挙権が認められ。
2016年には満18歳以上となって。

せっかく拡大していってるのに
放棄ってのももったいなさすぎて!
なので

選挙権をもてる事がインセンティブだと
思ってるのですが,せっかく先人の方々が
作り上げてくれたものを。

って考えちゃうんですよね。

まぁそれでもいかないって言われたら
それはその人の自由でもあるわけなので!

そして
期日前投票とか当日でなくても
役所いったら投票できたりするので!
その日でなくても行けますけどね♪

ちなみに
財政破綻を噂されてる京都は

2020年 京都市長選 40.71%
2016年 〃     35.68%
2012年 〃     36.77%

らしいですよね。
もはや 6割が放棄。。。。
悲しきかなですよね。

誰に入れるとか
白紙とか
比例はどことかは
いいと思うんですが。

せっかくの権利にもうちょっと
考えてみてもいいんじゃないかと
思います。

っていう真面目な感じで書いた。
美容室のエッセイでした。


でもすべては
その人の自由です。

HairGardenRePURE
AKIRA

前回のエッセイはこちら

 

その他blog一覧
HAIR(記事一覧こちら)
Treatment(記事一覧こちら)
SPA(記事一覧こちら)
ケアプロダクト(記事一覧こちら)
サロンスケジュール(記事一覧こちら)
プライベート(記事一覧こちら)
その他(記事一覧こちら)
脱毛・育毛(記事一覧こちら)
A's写真館(記事一覧こちら)
Twitter特集(記事一覧こちら)
じゆうにエッセイ(記事一覧こちら)

HairGardenRePURE

AKIRA

"かんたん予約"はこちら!

京都市役所前から北に徒歩7分
京阪神宮丸太町駅から西に徒歩3分

トリートメット・ヘッドスパの特化型サロン
Hair Garden RePURE

当店が最も得意とする。
・Treatment(トリートメント)
・HeadSPA(ヘッドスパ)
・HairEsthe(ヘアエステ)

であなたの髪をキレイに維持して!
これからの豊かな人生のために!!

当店こだわりのメニューをご体験ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう